So-net無料ブログ作成
検索選択

SACDサラウンド・レビュー(713) [サラウンド・サウンド・レビュー]

Berlioz Romeo et Juliette.jpg
Berlioz
Romeo et Juliette
CHSA5169(2 Disks)
BBC Symphony Chorus
Sir Andrew Davis/BBC Symphony Orchestra
録音  2015年3月
    2016年1月
Chandos

ベルリオーズ:
・劇的交響曲「ロメオとジュリエット」
・歌劇「トロイ人」 第1幕 トロイ人の行進
・歌劇「トロイ人」 第4幕 王の狩りと嵐

劇的交響曲「ロメオとジュリエット」(Roméo et Juliette)作品17はベルリオーズが1839年に作曲した交響曲で、「合唱、独唱、および合唱によるレチタティーヴォのプロローグ付き劇的交響曲」(symphonie dramatique)と銘打っている通り、大編成のオーケストラに独唱、合唱をともなう大規模な作品である。シェイクスピアの悲劇「ロメオとジュリエット」を題材としている。1839年11月24日にパリ音楽院のホールにおいてベルリオーズ自身の指揮で初演され、成功を収めた。その後、7年かけてベルリオーズは改訂を加えて現行版とした。全体は大きく7部からなり、演奏時間は約1時間33分。

歌劇「トロイ人」(Les Troyens)H.133/133aは、ベルリオーズが作曲した、全5幕からなるグランドオペラである。「トロイアの人々」や「トロイア人たち」などと日本語ではさまざまに訳され、一定しない。作曲した3作品中の2作目にあたる作品で、1858年に全曲を完成した。「トロイの木馬」で知られるウェルギリウスの壮大な叙事詩「アエネーイス」を題材としている。

サー・アンドルー・デイヴィス(Sir Andrew Davis,1944年2月~ )は、イギリスの指揮者。エルガーやディーリアス、ヴォーン・ウィリアムズなどの近代イギリス音楽を得意とする。
1970年にBBC交響楽団を指揮してデビュー。1975年にトロント交響楽団の音楽監督に就任後、レコーディングを活発に行う。1989年より2000年までBBC交響楽団の音楽監督、2005年から2008年までピッツバーグ交響楽団芸術顧問、2012年からはメルボルン交響楽団の音楽監督に就いている。
Sir Andrew Davis_7.jpg


BBC交響楽団(The BBC Symphony Orchestra)は、英国放送協会(BBC)が所有する放送オーケストラの一つであり、イギリスの主要オーケストラの一つである。本拠地はロンドンのバービカン・センター(Barbican Centre)。1930年に指揮者・エイドリアン・ボールトによって創設された。ボールトは1950年まで首席指揮者の地位にあり、その後同ポジションはマルコム・サージェント(1950年~1957年)、アンタル・ドラティ(1962年~1966年)、コリン・デイヴィス(1967年~1971年)、ピエール・ブーレーズ(1971年~1975年)、ルドルフ・ケンペ(1975年~1978年、ただし1976年に急逝)、ゲンナジー・ロジェストヴェンスキー(1978年~1981年)、アンドルー・デイヴィス(1989年~2000年)、レナード・スラットキン(2000年~2004年)と引き継がれ、2006年のBBCプロムス初日からはイルジー・ビエロフラーヴェクが2012年まで務めいた。2013年からはサカリ・オラモ(Sakari Oramo)が就任した。BBCプロムスにおいては主要な役割を果たしており、ロイヤル・アルバート・ホールでの初日と最終日はBBC交響楽団が管弦楽を担当する。
The BBC Symphony Orchestra_4.jpg


オフマイク気味の1ポイントマイクをメインとし、補助マイクを使用した収録と思われる。音場は左右、奥行き方向にも広く、好録音。金管のクリアな響きと低域弦の豊かな響きが印象に残った。

サラウンド・パフォーマンス  ☆☆☆☆
音質           ☆☆☆☆
チャンネル         5ch

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。