So-net無料ブログ作成

SACDサラウンド・レビュー(750) [サラウンド・サウンド・レビュー]

Bach & Telemann.jpg
Bach & Telemann
CCSSA27208
Florilegium
録音 2007年8月
Channel Classics

テレマン:ターフェルムジーク第1集より協奏曲イ長調
J.S.バッハ:
・カンタータ第209番「悲しみのいかなるかを知らず」BWV.209
・三重協奏曲イ短調BWV.1044

J.S.バッハの三重協奏曲イ短調(BWV.1044)はフルート、ヴァイオリンとチェンバロのための三重協奏曲で「フルート、ヴァイオリンとチェンバロのための協奏曲」と表記されることもある。この三重協奏曲は、1729年以降の1738年から1740年頃に作曲されたと推定されているが、自筆譜は紛失し、筆写譜も欠落している部分があるため、作曲の動機や実態は不明である。しかし、この作品もチェンバロ協奏曲などと同じように編曲であり、第1楽章と第3楽章はチェンバロ独奏の「前奏曲とフーガ イ短調 BWV894」の旋律が用いられ、第2楽章はオルガンのための「トリオ・ソナタ第3番 ニ短調 BWV527」の第2楽章の旋律が用いられている。このことから編曲であることが窺える。


ルーシー・クロウ(Lucy Crowe)はイギリスのソプラノ歌手。王立音楽アカデミーのオペラ・コースに学ぶ。2002年度ロイヤル・オーバーシーズ・リーグ音楽コンクールの金メダルを獲得。デイヴィッド・ウィルコックス指揮のヘンデル「メサイア」や、BBCプロムス2003に出演。
Lucy Crowe_1.jpg


ロドルフォ・リヒター(Rodolfo Richter)はイギリスのヴァイオリン奏者。王立音楽アカデミーにてバロック・ヴァイオリンをモニカ・ハジェットに師事。2002年から2007年までイギリスの古楽四重奏団パラディアン・アンサンブルのメンバー。
Rodolfo Richter_1.jpg


フロリレジウム(Florilegium)は「音楽の花束」と言う名称を冠したロンドンを本拠地とする古楽アンサンブル。1991年にチェンバリストの(Neal Peres Da Costa)とフルート奏者のアシュリー・ソロモン(Ashley Solomon)によって設立された。現在アシュリー・ソロモンが監督に就いている。ヴィオラ・ダ・ガンバ奏者として日本人の市瀬礼子が参加している。女流バロック・ヴァイオリニストのレイチェル・ポッジャーもかつては参加していた。アシュリー・ソロモンはイギリスを代表するフルートとリコーダーの名手で、英国王立音楽院(RCM)の歴史的演奏部門長(Chair and Headof Historical Performance)とリコーダーの教授を務めている。
Florilegium_9.jpg


各楽器間の音のバランスは良い。高域弦は透明感のある、低域弦は豊かな響きを伴っている。音場は左右への広がりを感じる。サラウンドスピーカーからの音はアンビエンスな音がメインだが、直接音も捉えている。録音場所はロンドン、ハイゲート、聖ミカエル教会。

サラウンド・パフォーマンス  ☆☆☆☆
音質             ☆☆☆☆
チャンネル          5ch

nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0