So-net無料ブログ作成
検索選択

金田式電流伝送DCアンプの自作検討 [オーディオ]

オーディオ関連の自作で次にやることを模索していましたが、「無線と実験」を読んでいて「金田式DCアンプ」の評判が良いので,トライしてみようと資料や情報を集め始めました。

今回購入した図書
①電流伝送方式オーディオDCアンプ プリアンプ&デジタルオーディオ編
電流伝送方式オーディオDCアンプ_プリアンプ&デジタルオーディオ編.jpg

②電流伝送方式オーディオDCアンプ パワーアンプ&DC録音編
電流伝送方式オーディオDCアンプ_パワーアンプ&DC録音編.jpg


金田式電流伝送DCアンプは、2007年まで秋田大学の物理学教室で教鞭をとられていた金田明彦氏が1973年以来、「時空を超えた音楽再現」をめざしDCアンプシリーズを「無線と実験」に連載しつづけています。

以下金田氏のDCアンプ推薦文
「世の中には生の音楽が聞きたくても,なかなか聞けない人が大勢います。その様な人たちの夢を叶えるのが,オーディオであり,DCアンプです。DCアンプは「音楽を再現する」と言うただ一つの目的のために,生まれ,進化して来ました。同じアンプでも利益を第一目的にするメーカー製アンプとは,根本的に音が違うのは,目的が違うからです。」

使用部品についてのこだわり
信号ケーブルや電源コードには情報を正確に伝達する方向があり、導線が作られる過程の熱間圧延などで引き延ばされ結晶の並び方に差が出る、すなわち方向性、異方性が出るとしている。これが音にも影響すると指摘しています。
また、同様に抵抗、コンデンサー等のパーツも方向性を持っているとしており、金田氏設計の回路図にはΔマークでパーツのホット側の向きを示している。

スケルトン抵抗は金田氏が考案した福島双羽電機製造の酸化金属皮膜抵抗器の表面に塗装をしていないもので、秋葉原の若松通商が扱っているようです。0.5Wと2Wが有り、いずれも単価324円と高価です。

巻き線抵抗や酸化金属皮膜抵抗器は巻線や酸化被膜がコイル状になっており、インダクタンス成分があったり, 浮遊容量が大きかったりしてあまり良くないように思いますが、オーディオで扱う周波数では、その影響を受けないのですかね?

SACDサラウンド・レビュー(709) [サラウンド・サウンド・レビュー]

MOZART Piano Concertos Nos. 1-4.gif
MOZART
Piano Concertos Nos. 1-4
BIS-2094
Ronald Brautigam(fortepiano)
Michael Alexander Willens/Kölner Akademie
録音 2015年8月
BIS


モーツァルト:
・ピアノ協奏曲第3番 ニ長調 K.40
・ピアノ協奏曲第1番 ヘ長調 K.37
・ピアノ協奏曲第2番 変ロ長調 K.39
・ピアノ協奏曲第4番 ト長調 K.41

ロナルド・ブラウティハム(Ronald Brautigam,1954年10月~)はブラウティガムと呼ばれることもある。オランダの主要なピアノ演奏家の一人。アムステルダムに生まれ、スウェーリンク音楽院でヤン・ウィーンに師事。その後、ルドルフ ・ ゼルキンについてアムステルダム、ロンドン、アメリカ合衆国で学んだ。1984 年にオランダの権威ある音楽賞のNederlandse Muziekprijsを受賞した。リッカルド・シャイー、シャルル・デュトワ、ベルナルド・ハイティンク、フランス・ブリュッヘン、フィリップ・ヘレヴェッヘ、クリストファー・ホグウッド、アンドルー・パロット、ブルーノ・ワイルなどの著名な指揮者のもと、主要なヨーロッパのオーケストラと定期的に共演している。

ミヒャエル・アレクサンダー・ヴィレンズ(Michael Alexander Willens)はアメリカの指揮者。ジュリアード音楽院にて指揮をジョン・ネルソン(ジュリアード音楽院)、レナード・バーンスタイン(タングルウッド)などに学ぶ。リンカーンセンターのグレート・パフォーマーズ・シリーズやドイツ、オーストリア、フランス、スペイン、イタリアなどの主要な音楽祭に出演。ケルン・アカデミーの音楽監督。

ケルン・アカデミー(Kölner Akademie)は指揮者のミヒャエル・アレクサンダー・ヴィレンズによって、1996年に創設されたドイツのケルンを拠点とするオーケストラ。レパートリーは17世紀から21世紀までの音楽で、それらの作品をその時代の演奏解釈のもとに時代に合った楽器(バロック、クラシックなど)を使い分ける。歴史的研究を追求し、作曲家の意図を引き出すことを心がけるその演奏は新鮮で自然に聴こえ、作品の本来の姿を生き生きと響かせる。2013年5月にブラウティガム、ヴィレンズと共に来日し、モーツアルトのピアノ協奏曲などを演奏した。
Kölner Akademie_7.jpg


使用フォルテピアノはポール・マクナルティ製作(2007年)のヨハン・アンドレアス・スタイン製作(1788年)のレプリカ

もともとモダンピアノに比べて音量の少ないフォルテピアノだが、それを意識したのか音量は抑え気味にミキシングされている。バックの演奏はナチュラルな音をしており、特に高域弦のクリアーな響きが印象に残った。ホールの残響も適度にあり、好録音。サラウンドスピーカーからの音はアンビエンスがメイン。収録はドイツ、ケルン、ドイツ公共放送局・カンマームジークザール(Deutschlandfunk Kammermusiksaal)でのセッション

サラウンド・パフォーマンス  ☆☆☆☆
音質             ☆☆☆☆
チャンネル          5ch

SACDサラウンド・レビュー(708) [サラウンド・サウンド・レビュー]

LISZT TRANSCENDENTAL ETUDES.jpg
LISZT TRANSCENDENTAL ETUDES
MYR019
Kirill Gerstein(piano)
録音 2015年12月
Myrios Classic

リスト:超絶技巧練習曲集 S139/R2b
・第1番 前奏曲 ハ長調
・第2番 モルト・ヴィヴァーチェ イ短調
・第3番 風景 ヘ長調
・第4番 マゼッパ ニ短調
・第5番 鬼火 変ロ長調
・第6番 幻影 ト短調
・第7番 英雄 変ホ長調
・第8番 荒々しき狩り ハ短調
・第9番 回想 変イ長調
・第10番 アレグロ・アジタート・モルト ヘ短調
・第11番 夕べの調べ 変ニ長調
・第12番 雪あらし 変ロ短調

超絶技巧練習曲(仏:Études d'exécution transcendante, サール番号:S.139, ラーベ番号:R.2b)は、リストの作曲した、ピアノのための12の練習曲で、2度にわたる改訂が行われている。すべて異なる調で書かれており、2曲組で同じ調号の長調と短調(平行調)とし、2曲ごとに調号の♭がひとつずつ増えていく。この事とタイトルから、初版と第2版とでは全ての調性を網羅しようとしていたが結局断念して12曲に落ち着いたと考えられる。初版と第2、3版では曲順が異なる。1852年(41歳)に 第3稿が出版され、今日もっとも頻繁に演奏されているのはこの稿である。

キリル・ゲルシュタイン(Kirill Gerstein, 1979年10月~)は、ロシア、ヴォロネジ生まれのピアニスト。父親の影響でジャズに興味を持ち、1993年にアメリカのバークリー音楽大学のサマースクールに招聘され、その後正規の学生となり14歳にして大学設立以来の最年少の大学生となった。その後クラシック音楽に戻り、マンハッタン音楽学校でソロモン・ミコウスキーに師事。20歳で音楽の学士と修士号を得た。さらにマドリードのソフィア王妃音楽大学でドミトリー・バシキーロフ、クラウディオ・マルティネス・メーナーに師事。また、2003年と2004年にはコモ湖国際ピアノアカデミーに参加している。2003年にアメリカの市民権を獲得。シュトゥットガルト音楽演劇大学の教授職も務めている。
Kirill Gerstein_1.jpg


スタインウェイD-274の倍音の豊かな響きを良く捉えている収録で、特に低域音の響きが美しい。サラウンドスピーカーからの音にはアンビエンスな音も含まれている。収録場所はベルリン、Simens-Villa

サラウンド・パフォーマンス  ☆☆
音質             ☆☆☆☆
チャンネル          5ch

SACDサラウンド・レビュー(707) [サラウンド・サウンド・レビュー]

Cello Rising.jpg
Cello Rising
BIS2214
Mime Yamahiro Brinkmann (baroque cello)
Björn Gäfvert (harpsichord)
Karl Nyhlin (baroque guitar)
録音 2015年6月
BIS

チェロ・ライジング
ドメニコ・ガッリ:音楽の楽しみ チェロ・ソナタ第3番
ジョヴァンニ・バッティスタ・デリ・アントーニ:リチェルカータ集 Op.1 リチェルカータ第10番
ドメニコ・ガブリエリ:チェロ・ソナタ ト長調
ゲオルク・フィリップ・テレマン:忠実な音楽の師 チェロ・ソナタ ニ長調 TWV 41:d6
ジョゼフ・ボダン・ド・ボワモルティエ:チェロ・ソナタ ト長調 Op.50 No.2
ルイジ・ボッケリーニ:
・チェロ・ソナタ 変ロ長調 G.8
・チェロ・ソナタ イ長調 G.4

ドメニコ・ガッリ(Domenico Galli,1649年~1697年)イタリア、パルマ生まれのチェリスト、作曲家、ヴァイオリン、チェロ製作者。チェロ・ソナタ「音楽の楽しみ Trattenimento musicale 」を作曲したことで知られている。

ジョヴァンニ・バッティスタ・デリ・アントーニ(Giovanni Battista Degli Antoni, 1660年~1696年以降)はイタリアのボローニャのオルガン奏者、作曲家。ジャコモ=プレディエーリに師事し、1684年(24歳)にアッカデミア・フィルラルモニカの会員となった。のち、サン・ジャコモ・マッジョーレ教会のオルガン奏者となり、オルガン奏者として高い名声を得、終生この職にあった。作品はオルガンと器楽のための室内楽曲のみ。なかでも「リチェルカータ集」Op.1(1687年)はチェロ独奏用の楽曲の発展に大きな役割を果たした。多くの複旋律的な構造をもつこの教育的な曲集は、バッハの「伴奏チェロ組曲」の先駆けと見なすことができる。

ドメニコ・ガブリエリ(Domenico Gabrielli, 1651年4月~1690年7月)は、イタリア、ボローニャ出身の作曲家、チェリスト。聖ペトロニア教会のオーケストラのメンバーで、またアカデミア・フィラルモニカの会員でもあり、しばしば会長を務めた。1680年代にはモデナ公フランチェスコ2世・デステの宮廷楽団で働いた。作品にはオペラ、器楽曲、教会音楽などがある。最古のチェロ作曲家の一人で2曲の「チェロと通奏低音のためのソナタ」や「2台のチェロのためのカノン」などがある。

ミメ・ヤマヒロ=ブリンクマン(Mime Yamahiro Brinkmann)桐朋学園大学でモダン・チェロを学んだ後、オランダ政府からの奨学金を得てハーグ王立音楽院でバロック・チェロとヴィオラ・ダ・ガンバを学ぶ。ラ・プティット・バンド、バッハ・コレギウム・ジャパン、ターフェルムジーク・バロック・オーケストラなどと共演し、ソリストとしても活躍している。
Mime Yamahiro Brinkmann_1.jpg


ビョルン・ガフヴァルト(Björn Gäfvert)はスウェーデン、ストックホルム生まれのオルガン、チェンバロ奏者。王立ストックホルム音楽大学にてオルガン、チェンバロを学ぶ。
Björn Gäfvert_1.jpg


バロック・チェロはセンター、チェンバロはセンター右寄り奥に定位しており、奥行き感はあるが横方向への広がり感はあまりない。収録場所はスウェーデン、ストックホルム県、ダンデリード市、Petruskyrkan

サラウンド・パフォーマンス  ☆☆
音質             ☆☆☆☆
チャンネル          5ch

SACDサラウンド・レビュー(706) [サラウンド・サウンド・レビュー]

Art Of Fugue Rachel Podger .jpg
The Art Of Fugue Rachel Podger
CCS SA 38316
Rachel Podger(violin)
Brecon Baroque
録音 2015年12月
Channel Classics

J.S.バッハ:フーガの技法 ニ短調 BWV1080

フーガの技法(独: Die Kunst der Fuge、英: The Art of Fugue)ニ短調 BWV1080は、1740年代前半に作曲が開始され、J.S.バッハ最晩年となる1740年代後半に作曲と並行して出版が準備されたが、その途中で作曲者自身の視力が急激に低下してしまい、「コントラプンクトゥス14、3つの主題による4声のフーガ」が未完成の段階で作曲が中断されてしまった。何人かの音楽学者によって「最初の12曲が1742年に、チェンバロ独奏を想定して作曲された」ことが判明しているが、残りのフーガを書き始めた経緯は、今もなお不明である。曲集はバッハの死後、未完成のまま出版された。様々な様式・技法による14曲のフーガと4曲のカノンが現行の多くの版に収録されている。卓越した対位法技法を駆使し、単純な主題を入念に組み合わせることによって、究極の構築性を実現した

レイチェル・ポッジャー(Rachel Podger,1968~)はイギリス生まれのヴァイオリニスト。ドイツのルドルフ・シュタイナー・スクールで教育を受け、帰国後ギルドホール音楽演劇学校でミカエラ・コンバーティとデイヴィッド・タケノに師事した。在学中からバロック奏法に興味を惹かれ、バロック音楽を専門とするフロレジウムとパラディアン・アンサンブルという楽団の創設に関与する。その後も、このアンサンブルとコンサート・ツアーやレコーディングに参加し、国際的にも高く評価されている。1997年、トレヴァー・ピノックに招かれ、イングリッシュ・コンサートのコンサートミストレス兼協奏曲ソリストに就任、ますます多忙な日々となった。最近ではバッハ・フェスティバル2012に来日し、無伴奏ヴァイオリン・ソナタとパルティータなどを演奏した。

ブレコン・バロック(Brecon Baroque)はウェールズ南部の町ブレコンにある大聖堂で行われる音楽祭“ブレコン・バロック・フェスティバル”のために,ポッジャー自身が選び抜いたメンバーを集めて創設した。2007年創設の若いアンサンブルで、ポッジャーを含め、ヴァイオリンのボヤン・チチッチ、ヨハネス・プラムゾーラー、ヴィオラのジェーン・ロジャーズ、フルートのケイティー・バーチャー、オーボエのアレグザンドラ・ベラミー、チェンバロのスフィオントケヴィッチの計7名。 1パートを各1人受け持っている。


弦楽器4挺と通奏低音のチェンバロの演奏によるフーガの技法で、各楽器の音の分離が良く、定位もしっかりしており、優秀録音だと思う。教会での収録だが、残響の影響は受けていない。サラウンドスピーカーからの音はほぼ直接音が占める。収録はロンドン、セント・ジョンズ教会(St. Johns Church)

サラウンド・パフォーマンス  ☆☆☆
音質             ☆☆☆☆☆
チャンネル          5ch

SACDサラウンド・レビュー(705) [サラウンド・サウンド・レビュー]

HAYDN Sun' Quartets.jpg
HAYDN Sun' Quartets
BISSACD 2158
Chiaroscuro Quartet
録音 2014年2月
BIS

ハイドン:
・弦楽四重奏曲第31番 変ホ長調 Op.20-1 Hob.III:31
・弦楽四重奏曲第32番 ハ長調 Op.20-2 Hob.III:32
・弦楽四重奏曲第33番 ト短調 Op.20-3 Hob.III:33

太陽四重奏曲(”Sun” Quartets)はハイドンが1772年に作曲した作品20の第31番から第36番までの6曲からなる弦楽四重奏曲集。1774年頃パリシュヴァルディエール社より初版が出版された。これら6曲は、アムステルダムのフンメル社から出版された版の表紙に、太陽の絵が描かれていたことから、「太陽四重奏曲」の呼び名で呼ばれている。ただし、他の出版譜には太陽の絵は無い。6曲中、3曲のフィナーレにフーガが導入されている。

キアロスクーロ弦楽四重奏団(Chiaroscuro Quartet)は1stVnのロシア生まれのアリーナ・イブラギモヴァを中心に2005年に結成された。絵画の「明暗法」を意味する名の通り、現代楽器にガット弦を張り、チェロ以外の3人は立って演奏。近年の主な活動は、エジンバラ国際音楽祭のデビュー、ドイツ、フランス、ベルギー、オランダの演奏会、ロンドンの新しい室内楽会場ワナメイカー劇場での演奏会。2013年、ブレーメン音楽祭に共催しているドイツのラジオ放送局のフェルデ賞を受賞、このブレーメン音楽祭には2014年夏にそのオープニングナイトコンサートで再出演が約束されている。この他に、ロンドンのウィグモア・ホール、ヨーク古楽センター、パリのルーヴル・オーディトーリアム、エクサンプロバンスのデ・ジュ・ドゥ・ポーム劇場、ディジョン劇場、リスボンのグルベキアン財団、オールドバラで演奏する。2016年4月に来日し、王子ホールなどで演奏した。
Chiaroscuro Quartet_1.jpg


イブラギモヴァの奏でる1stVnはクリアな響きで、各楽器はそれぞれの位置にしっかりと定位しており、音のバランスも良い。センタースピーカーからの音は低めに抑えられており、サラウンドスピーカーからの音は直接音がほぼ占める。収録場所はドイツ、ブレーメン、Sendesaal

サラウンド・パフォーマンス  ☆☆☆
音質             ☆☆☆☆
チャンネル          5ch

秋葉原電気街散策 [その他]

最近のオーディオ関連自作の部品調達は、もっぱらネット通販に頼っていましたが、先日、上野の東京都美術館に行った際の帰りに、1年ぶりに秋葉原で降りて、線材等の購入を兼ねて散策してきました。

AKB48カフェ&ショップ
神田青果市場跡地のダイビルやUDXビル近くのJR高架際に2011年にできたらしいが、知りませんでした
秋葉原散策_1.jpg


ラジオセンター 
秋葉原散策_2.jpg


東京ラジオデパート
秋葉原散策_3.jpg


エスカレータで降りた地下1F正面の野口トランス
秋葉原散策_4.jpg

秋葉原散策_9.jpg


オヤイデ電気
この店で耐熱電線と錫メッキ軟銅線を購入
秋葉原散策_5.jpg


千石電商
秋葉原散策_6.jpg


秋月電子
秋葉原散策_7.jpg


ダイナミックオーディオ5555
ダイナミックオーディオは今から約50年前の私が学生時代の創業間もない頃には「ニュー秋葉原センター」内にあり、秋葉原に行った際、時々訪ねていました。
秋葉原散策_8.jpg